BLOG
ブログ

ガラスの種類について ~単板ガラス編~

2019年08月07日


ガラスの種類について ~単板ガラス編~

こんにちは!

もうすぐお盆ですね~。

お盆には実家でゴロゴロするのが通例となっている

サキ一級建築設計事務所のT倉です!

 

前回のブログから新しく始まりました~

「ガラスの種類について」シリーズ!!!

今回は「単板ガラス」についてご紹介いたします。

 

単板ガラスは、通常の一枚ガラスのことです。

特徴としては、値段が安価で、施工も加工もしやすいということです。

厚さは一般的に2mm~10mmまでありますが、

普通の住宅は主に3mm~6mmがよく使われます。

 

単板ガラスの種類としては…

 

■フロート板ガラス(透明ガラス)

 平面が平滑で歪みがなく、透視性や採光性に優れているので

 窓や建具、鏡など幅広く用いられている。

 

■型板ガラス

 ガラスの片面に型模様をつけた不透明もの。

 「くもりガラス(不透明ガラス)」が代表的。

 光を通しながら視線を遮るガラスなので、部屋の間仕切り

 視線が気になる浴室や洗面、トイレなどで用いられる。

 

■すり板ガラス

 ガラスの片面に珪砂(けいさ)などで

 摺り加工をした不透明なガラスのこと。

 和室の障子戸のガラスとして多く使われている。

 

■網入板ガラス

 ガラスが破損しても破片が飛び散らないように

 金属の網を封入したもの。

 火災の際の延焼や防ぐ効果を持ち、破片が飛散しにくい特徴がある。

 

以上が、単板ガラスになります。

ひとえにガラスといってもこれだけ種類があるんですね~♪

 

次回は「複層ガラス」をお伝えいたします!!!

ぜひともお楽しみに☆

以上、T倉でした!

 

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私たちと一緒に

「どこまでも、いい家を。」

 一緒に作りませんか?

 

サキ1級建築設計事務所

TEL:0120-515-001

mail:plan@saky.jp

facebookhttps://www.facebook.com/Sakykumamoto/

instagram:https://www.instagram.com/saky_kumamoto 

 

※お問い合わせの際は  

 担当:高山までお願い致します。

 

#熊本市北区新築住宅

#菊陽町新築住宅

#光の森新築住宅

#熊本市北区注文住宅

#菊陽町注文住宅

#光の森注文住宅

#大津町の注文住宅

#熊本のカーテン工事

#熊本の内装工事

#ゼロエネルギー住宅

#熊本のデザイナーズ住宅

#熊本の完全自由設計住宅

#益城町新築工事

#益城町注文住宅

#益城町の平屋

#サキ塾

#ガラス

#高断熱

#単板ガラス

#複層ガラス

#真空ガラス

資料請求

最近の記事  → 全ての記事

お知らせ

2019/10/17 サキ 建物・風景写真館 その①

2019/10/15 サキグルメ部 活動日誌②

2019/10/11 サキグルメ部 活動日誌①


新築戸建

2019/10/21 益城町新築工事 ~セットバック工事~その3

2019/10/18 益城町新築工事 ~セットバック工事~その2

2019/10/16 益城町新築工事 ~セットバック工事~


商業施設

2018/12/14 福祉施設クロス工事

2018/11/26 児童福祉施設リフォーム その9

2018/11/15 児童福祉施設リフォーム その6


リフォーム

2019/10/19 東区のクリニック トイレ交換工事

2019/10/10 阿蘇の住宅リフォーム その4

2019/10/02 阿蘇の住宅リフォーム! その3



| ブログ一覧へ戻る |


関連の施工事例一覧






熊本の一級建築士事務所、住宅メーカー、工務店、商業施設の設計・施工は株式会社 サキ

株式会社 サキ 一級建築設計事務所

〒861-8002 熊本県熊本市北区弓削6丁目22-24
TEL:0120-515-001  FAX:096-337-0226


© 2019 SAKY INC. ALL RIGHTS RESERVED.