BLOG
ブログ

ガラスの種類について ~複層ガラス編~

2019年08月09日


ガラスの種類について ~複層ガラス編~

こんにちは!

冷房が効きすぎて風邪をひきそうな

サキ一級建築設計事務所のT倉です!

 

前回のブログから新しく始まりました~

「ガラスの種類について」シリーズ!!!

今回は「複層ガラス」についてご紹介いたします。

 

複層ガラスとはスペーサーと呼ばれる部材で

2枚または3枚の板ガラスの間に中間層を持たせ

乾燥した空気を挟み込むことで断熱性を高めたガラスです。

結露しにくく、冷暖房の消費を抑えることができる為、省エネ効果もあります。

 

複層ガラスでよく聞くのが「Low-E複層ガラス」です。

Low-Eとは、Low Emissivity(低放射)の略で、

特殊金属膜をコーティングしたガラスを使ったものです。

外側ガラスの内側に特殊金属膜だと遮熱複層ガラスと呼ばれ、

内側ガラスの外側に特殊金属膜だと高断熱複層ガラスと呼ばれます。

 

◆遮熱複層ガラス

室外側にLow-Eガラスを使用したもので、夏場の日射を遮るとともに

冬場は室内の暖房熱を反射し逃がさないので、

冷暖房の負荷を抑えることができる。

夏は涼しく、冬も暖かいという性能を持つので、

西日のあたる部屋、紫外線による色あせの防止などにも向いている。

 

◆高断熱複層ガラス

室内側にLow-Eガラスを用いたもの。太陽の熱を取り入れつつ、

暖房エネルギーを逃がしにくくし、断熱性、保温性に優れ、

結露の発生も抑えることが可能。寒さが厳しいエリアに向いているタイプ。

 

複層ガラスも用途に応じて、使い分けを

行うことが大事なんですね☆

 

次回は「真空ガラス」をお伝えいたします!!!

ぜひともお楽しみに☆

以上、T倉でした!

 

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私たちと一緒に

「どこまでも、いい家を。」

 一緒に作りませんか?

 

サキ1級建築設計事務所

TEL:0120-515-001

mail:plan@saky.jp

facebookhttps://www.facebook.com/Sakykumamoto/

instagram:https://www.instagram.com/saky_kumamoto 

 

※お問い合わせの際は  

 担当:高山までお願い致します。

 

#熊本市北区新築住宅

#菊陽町新築住宅

#光の森新築住宅

#熊本市北区注文住宅

#菊陽町注文住宅

#光の森注文住宅

#大津町の注文住宅

#熊本のカーテン工事

#熊本の内装工事

#ゼロエネルギー住宅

#熊本のデザイナーズ住宅

#熊本の完全自由設計住宅

#益城町新築工事

#益城町注文住宅

#益城町の平屋

#サキ塾

#ガラス

#高断熱

#単板ガラス

#複層ガラス

#真空ガラス

資料請求

最近の記事  → 全ての記事

お知らせ

2019/08/20 外壁の種類について ~はじめに~

2019/08/19 サキラーメン部 活動日誌⑫

2019/08/17 鹿児島のお勧め品!


新築戸建

2019/08/05 菊陽町性能向上計画認定住宅完成撮影会!!

2019/07/25 東区の認定低炭素住宅完成撮影会

2019/07/10 益城町ロフト付き平屋新築工事 ~棟上げ~


商業施設

2018/12/14 福祉施設クロス工事

2018/11/26 児童福祉施設リフォーム その9

2018/11/15 児童福祉施設リフォーム その6


リフォーム

2019/06/26 阿蘇の住宅リフォーム! その2

2019/05/09 阿蘇の別荘リフォーム!

2019/02/13 トンネルを~抜けると。。。



| ブログ一覧へ戻る |


関連の施工事例一覧






熊本の一級建築士事務所、住宅メーカー、工務店、商業施設の設計・施工は株式会社 サキ

株式会社 サキ 一級建築設計事務所

〒861-8002 熊本県熊本市北区弓削6丁目22-24
TEL:0120-515-001  FAX:096-337-0226


© 2019 SAKY INC. ALL RIGHTS RESERVED.