BLOG
ブログ

ガラスの種類について ~まとめ編~

2019年08月16日


ガラスの種類について ~まとめ編~

こんにちは!

台風が無事に過ぎて一安心な

サキ一級建築設計事務所のT倉です!

 

「ガラスの種類について」シリーズ!!!

今回は「ガラスの種類~まとめ~」についてご紹介いたします。

 

ガラスの種類は以下のようなものがあります。

単板ガラス

複層ガラス

真空ガラス

 

単板ガラス

値段が安価で、施工も加工もしやすい通常の一枚ガラス。

厚さは一般的に2mm~10mmまであるが、

普通の住宅は主に3mm~6mmがよく使われる。

 

複層ガラス

スペーサーと呼ばれる部材で、

2枚または3枚の板ガラスの間に中間層を持たせ

乾燥した空気を挟み込むことで断熱性を高めたガラス。

特殊金属膜をコーティングしたガラスを使ったLow-Eガラスが主流で

外側ガラスの内側に特殊金属膜だと遮熱複層ガラスと呼ばれ、

内側ガラスの外側に特殊金属膜だと高断熱複層ガラスと呼ばれる

 

真空ガラス

ガラスの間が真空になっているガラスのこと。

真空ガラスも複層ガラスの仲間なのだが、

真空ガラスは気体などが入っていない複層ガラスのこと。 

また、真空ガラスの断熱の仕組みの原理は魔法瓶に似ている。

魔法瓶は外筒と内筒の間が真空状態になっているので

長時間放置してもほとんど温度が変わらない。

ただし、宇宙などのように全体が真空状態ではなく、

魔法瓶であればフタ部分、ガラスであればサッシ部分があるため

室温や瓶内の温度は変化する。

 

これで「ガラスの種類について」シリーズは以上になります☆

次回のブログもぜひともお楽しみにしてください♪

以上、T倉でした!

 

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私たちと一緒に

「どこまでも、いい家を。」

 一緒に作りませんか?

 

サキ1級建築設計事務所

TEL:0120-515-001

mail:plan@saky.jp

facebookhttps://www.facebook.com/Sakykumamoto/

instagram:https://www.instagram.com/saky_kumamoto 

 

※お問い合わせの際は  

 担当:高山までお願い致します。

 

#熊本市北区新築住宅

#菊陽町新築住宅

#光の森新築住宅

#熊本市北区注文住宅

#菊陽町注文住宅

#光の森注文住宅

#大津町の注文住宅

#熊本のカーテン工事

#熊本の内装工事

#ゼロエネルギー住宅

#熊本のデザイナーズ住宅

#熊本の完全自由設計住宅

#益城町新築工事

#益城町注文住宅

#益城町の平屋

#サキ塾

#ガラス

#高断熱

#単板ガラス

#複層ガラス

#真空ガラス

資料請求

最近の記事  → 全ての記事

お知らせ

2019/10/17 サキ 建物・風景写真館 その①

2019/10/15 サキグルメ部 活動日誌②

2019/10/11 サキグルメ部 活動日誌①


新築戸建

2019/10/21 益城町新築工事 ~セットバック工事~その3

2019/10/18 益城町新築工事 ~セットバック工事~その2

2019/10/16 益城町新築工事 ~セットバック工事~


商業施設

2018/12/14 福祉施設クロス工事

2018/11/26 児童福祉施設リフォーム その9

2018/11/15 児童福祉施設リフォーム その6


リフォーム

2019/10/19 東区のクリニック トイレ交換工事

2019/10/10 阿蘇の住宅リフォーム その4

2019/10/02 阿蘇の住宅リフォーム! その3



| ブログ一覧へ戻る |


関連の施工事例一覧






熊本の一級建築士事務所、住宅メーカー、工務店、商業施設の設計・施工は株式会社 サキ

株式会社 サキ 一級建築設計事務所

〒861-8002 熊本県熊本市北区弓削6丁目22-24
TEL:0120-515-001  FAX:096-337-0226


© 2019 SAKY INC. ALL RIGHTS RESERVED.